窓に合うサイズを確認しよう

カーテンの丈の測り方

カーテンを購入する際に一番気をつけておかなければいけないのが、サイズについてです。中には現在使っているカーテンや、窓の大きさを測ってからお店に行けば良いのだろうと考えている人がいます。ところがそれでは失敗してしまうことがあるので注意が必要です。中でも測り方を間違ってしまうことが多いのが、カーテンの丈です。しっかりと測ったはずなのに、実際にカーテンを取り付けると足りなかった、あるいは長過ぎたといったことになります。その理由の一つに、フックの存在を忘れてしまっているということが挙げられます。これは単純にカーテンの生地の部分の長さだけを測ってしまっているからです。そのため必ずフックを引っ掛ける部分からにしましょう。

横幅の測り方についてのコツ

カーテンの横幅の測り方に関してもコツがあります。まず覚えておきたいのは、カーテンの横幅を測る際には引っ張ってはいけないということです。布は引っ張ると元に戻ろうとするため、窓に取り付けた時に左右に隙間ができてしまうことがあるのです。そのため特にヒダがあるタイプのカーテンなどは、そのままの状態で測りましょう。もしも測るのが難しいなら、カーテンレールの長さを計測して、その数字に三パーセント足した横幅のカーテンを購入すると良いです。横幅が足りないと買い直すことになりますが、カーテンレールよりも横幅が大きいのなら特に問題はありません。もしも厚手の生地を使ったカーテンにするなら、薄手のものよりも引っ張った時に元の状態に戻ろうとする力が強いです。そこでカーテンレールの長さよりも、五パーセントほどの横幅が長いカーテンを選ぶと失敗が少ないです。