カーテンを購入するときに適当に選んでしまうと、お部屋とカーテンがアンバランスになってしまいます。また、カーテンとしての役割をはたさず、すぐに買い換えなければいけなくなる可能性も。カーテンがきちんと機能を発揮できるように、まずは十分に下調べをしてみましょう。

窓に合うサイズを確認しよう

カーテンを購入する際に一番気をつけておかなければいけないのが、サイズについてです。中には現在使っているカーテンや、窓の大きさを測ってからお店に行けば良いのだろうと考えている人がいます。ところがそれ…

目的に合わせて機能を選ぼう

カーテンと一口に言っても、生地の素材や製造方法などによって得られる目的が違って来ます。インテリアデザインとして純粋に活用したい場合は見た目だけで選んでOKです。ただ寝室やリビングなど過ごす時間が長…

後悔しないための注意点

カーテンの長さに注意

カーテンを購入する際に注意したいポイントがカーテンのサイズです。カーテンが短すぎると外からの光や冷気が入りやすくなってしまいますし、長すぎると裾に汚れがつきやすくなってしまいます。サイズが適切でないとカーテンとして十分な役割を果たすことができません。後悔しないためにも、カーテンはしっかり長さを測ってから購入するようにしましょう。カーテンの丈を測るときは、カーテンのフックの部分から下の床より1~2cm程度上の所で測定するのがポイントです。床より少し上を想定することでカーテンが床をすってしまうのを防げます。横幅はカーテンレールの両端にある固定フックの間の長さを測ります。既製品のカーテンでも長さの指定が可能な場合もあるので、しっかり測るようにしましょう。

カーテンと部屋の雰囲気との相性に注意

実際にカーテンを広げてみたときに、思っていたのと違うと後悔するのも良くある失敗例です。色柄が好みだからと購入しても、変に目立ってしまうケースは少なくありません。カーテンは部屋の中でも目を引く存在なので、部屋の雰囲気と合っていないと居心地の悪さを感じてしまいます。カーテン選びに失敗しないためには、店頭でカーテンを見るときには広げてみるのがおすすめです。ホームセンターでは難しいかもしれませんが、カーテン専門店なら広げて見せてもらえる可能性が高いです。実際に部屋にかけたときの様子をイメージしやすくなるので、失敗しにくくなるでしょう。部屋の写真を撮っておいて、買い物する際に確認しながら探すのも良い方法です。

カーテンの色や柄によって、お部屋の印象は大きく変わるものです。ですので、イメージするお部屋に近づけられるように、しっかりと考える必要があります。「なんだか落ち着かない…」と思わないためにも、慎重に選択しましょう。

色の心理的効果について

炎や太陽の光を連想させる「暖色系」は、目に入るだけで心に元気を与えてくれます。特に赤は生命力を象徴する色なので、部屋の中にあるとエネルギーがどんどん湧いてくるはずです。やる気や食力を高めてくれる効…

お部屋の種類に合わせて選ぼう

リビングは、家族がくつろぐ空間です。そんなリビングにおすすめなのが、長い時間すごしてもストレスが少ない、落ち着いた色のカーテンです。例えば、ベージュやアイボリーといった暖かみのある色です。主張が少…

個性的なカーテンで自分らしいお部屋に

カーテン選びに失敗してなんとなくしっくりこないと感じてしまう。その原因の多くは部屋の壁紙やインテリアとカーテンの色柄があっていないからなんです。失敗して残念な気持ちにならないためにはカーテンを選ぶ…