個性的なカーテンで自分らしいお部屋に

失敗しないカーテン選びは自分の部屋を観察することから

カーテン選びに失敗してなんとなくしっくりこないと感じてしまう。その原因の多くは部屋の壁紙やインテリアとカーテンの色柄があっていないからなんです。失敗して残念な気持ちにならないためにはカーテンを選ぶ前に自分の部屋には何色のものが多いか、どんな雰囲気にまとめていきたいのかを確認しておくことが大切です。天井や壁紙など部屋の大部分を締めているカラーがベースカラー、棚やソファーなど部屋の印象を変えやすい物の色がメインカラー、クッションなどの小物の色がアクセントカラーと言われています。カーテンはメインカラーに含まれるアイテムなので、色選びで迷ったときには棚やソファーなどの家具の色に合わせてみると部屋と馴染みやすくなります。

カーテンの色柄による印象の違い

部屋に含まれる色合いの分析ができたら実際にカーテンを選んでいきます。白・アイボリーのカーテンは壁紙や天井の色に近いので馴染みやすく、部屋全体を柔らかい印象にしてくれます。圧迫感がないので空間を広く見せてくれる効果もあり、狭さが気になるお部屋におすすめです。部屋に観葉植物などをおいているならグリーンのカーテンもおすすめです。ナチュラルカラーでリラックス効果もあるので寝室などのゆっくり過ごしたい場所に使ってみましょう。カーテンの柄によっても部屋の印象は変わります。花柄のカーテンは部屋をかわいくて上品な雰囲気に、ボーダーやストライプ柄のカーテンはシンプルだけどおしゃれな雰囲気にしてくれます。カーテンは家具と違って付け替えも収納も簡単です。シーズンごとなど好きなタイミングで付け替えてみて、自分だけのお部屋づくりを楽しみましょう。